STOP・疼痛性障害【精神的苦痛や肉体的苦痛を乗り越えるヒント】

心の病気は放置しない
悩んでいる人

症状を知る

激しい身体的な痛みを伴うことで知られている疼痛性障害は、その他にも色んな症状があります。症状の例を知っておくことで早期発見と治療に繫がるので確認してみましょう。

鍵とハート

日常に潜む原因

日常に潜むストレス、そして身体的感覚が過敏な人は疼痛性障害の影響を受けやすいタイプに該当します。その他にも心労によって発症するケースもあるので十分に注意をしておきましょう。

早期治療がカギ

カウンセリング中

心と体を悩ませてしまう精神疾患は、一般的に知られているうつ病や自律神経失調症などばかりではありません。それ以外にも余り知られていないけど、潜在的に患者数が多いと思われる病気があります。そのひとつとして挙げられるのが、疼痛性障害であり他の制疾患とは少し異なる症状を引き起こすことが特徴です。この疼痛性障害は身体表現障害とも呼ばれており、その主たる症状は身体的な痛み、吐き気、さらにしびれなどが起こるものとして認知されています。このように自覚症状がハッキリしていることから、疼痛性障害は比較的自分でも気づきやすいものだと主荒れるかもしれません。しかし、この症状はある日突如としてあらわれてきて、身体的な苦痛を伴うことから別の要因であると考えてしまうのです。確かに、精神的な苦痛から肉体的な苦痛が直接的にくるとは結びつけづらいので、他の要因を必死で考えるかもしれません。しかし、この疼痛性障害の症状はその他にも過剰な不安からくるヒステリーを起こすこともあるので、身体的な苦痛と同様に精神的な異常を感じ取ったら一度、専門の心療内科などで診察・治療を検討することを考えましょう。

疼痛性障害は、症状が軽ければ一時的にやってくる身体的な苦痛、そして、精神的な不安のみです。ですから、ちょっとしたストレスが溜まったことで起こるものだと感じて放置してしまう人もいるかもしれません。この際に上手に原因と向き合いストレスの発散ができていれば症状を緩和させることに繫がるかもしれませんが、そうそう上手くいくものではありません。その結果、症状が出ているのが分かっていながらも、それを放置してどんどん悪化させてしまい慢性的に苦痛を感じることになります。中には激しい痛みを伴うこともある疼痛性障害は、日常生活までにも影響をしてきて寝たきりになってしまうこともあるかもしれません。このようなことになってしまう前に、自分の身体に起きている変化に気づき早い段階で適切な治療を受ける必要性は高いでしょう。早期の段階であれば、比較的短い期間で有効な治療が受けられますし、心身にやってくる苦痛も軽度で済みます。逆に重症化すれば、それだけ治療は長引いて心身の苦痛も大きくなることは念頭におかないといけないでしょう。いずれにおいても、日々の中で自分に起こる精神的・肉体的な変化を敏感に感じ取り、負担となるストレスを溜め込まないように過ごすことが大切です。

診断基準がある

パズル

目に見えない原因によって起こる疼痛性障害は、どういう状態になれば病気として認知されるのか不確かな部分です。しかし、心療内科などではちゃんとした診断基準が設けられているので自分の病状を把握することができます。

More...

治る病気

たまご

精神疾患の治療を行なっている心療内科では、専門的な疼痛性障害の治療が行われています。薬物療法から認知行動療法など様々なアプローチで対処してくれるから病気の克服に繋がります。

More...