STOP・疼痛性障害【精神的苦痛や肉体的苦痛を乗り越えるヒント】

日常に潜む原因

鍵とハート

日常的に起こる様々な出来事には、すべてが望んでいることばかりではありません。喜怒哀楽といった色々な感情を抱えながら職場、学校、家庭といった場面で過ごされることでしょう。その中で疼痛性障害という疾患に陥る可能性があるのは、ストレス。現代人であれば誰もが抱えることもあるストレスは、疼痛性障害だけに関わらず色んな病気や疾患の元となるものです。しかし、このストレスが原因をしているということには気づかずに過ごし、余計に悪化させてしまっているのが現状です。ここは、ストレスと向き合う方法は元より、上手に発散していくことを心がけることが大切です。

疼痛性障害に陥りやすい人は、単にストレスを抱えこんで苦しい思いをしている人に限られるものではありません。その他にも当人が持っている性格的な部分が大きく作用することも分かっていて、気をつけなければいけません。特に身体的感覚が過敏な人は、あらゆる外的・内的な要因から物事を繊細に受け止めてしまいやすいです。ですから、他の人はなんてことがないことでも、身体的感覚が過敏な人にとってはストレスに感じて思い悩んでしまうことがあります。この時に楽観的に考えることができれいいですが、身体的感覚が過敏な人の多くは悲観的に捉えてしまうのが特徴です。これが災いして疼痛性障害に陥る傾向にあるので、このような性格的一面を持っている場合には十分気をつける必要があります。

性格的な部分で疼痛性障害を患う可能性を示唆しましたが、その他にも性格やストレスに関係なく発症するケースもあります。特に気をつけておかないといけないのが、心労。心労というと大きな心の負担をイメージされるかもしれませんが、心労を抱える場面は多々あります。例えば、仕事が忙しくて残業続きになっていることや家族に病気で看病が必要になること、高齢者の介護が必要になることによって心の負担が大きくなり心労に繫がることもあります。これらの心労が溜まってくると、精神的に強い人でも心が折れてしまって不調をきたすことはありますから、人事とは考えられない事象です。このような大変な時こそ、自分の心と体をいたわることを考えて過ごすことは大事であり、自分で難しいようであれば心療内科の力を借りることを考えましょう。そうすることで、疼痛性障害の予防や症状の軽減は十分に可能となるので、心と体の負担を受けることなく日常を過ごせるようになります。